1. TOP
  2. メルマガではどんなことを書けばいいのか?

メルマガではどんなことを書けばいいのか?

 2015/01/26 ビジネスネタ
この記事は約 4 分で読めます。 147 Views

こんばんは、藤岡です。

4日連続の東京新年会も
終わり、先ほど広島に帰宅。

いつもなら

「あ~~疲れたから休も!」

ってなるんですが、

「記事書かなきゃ」

って気分になってるので、
こうやってPC開いてます。

なんでもそうですが、習慣化が
身についてくるとそのパワーの強さを
体感できますね~。

ま、こうやって記事書いても
1円にもならないのですがw
今日は昨日の飲み会の中で

「メルマガなんて自分には・・・」

って言ってる人たちに
話してた内容があるので
それをシェアします。

昔からですが、やはり多くの人は
メルマガに対する苦手意識は多いですね。

では、今日の本題。
◆ メルマガではどんなことを書けばいいの?

細かい情報はここでは書けないですが、
昨日話した人たちは

・サイトアフィリでそこそこ稼いでる
(月に50~70万くらい)

だけど、誰かしらのノウハウを実践してるので、
自分なんかに書けるネタがない。

そう思ってるみたいなんですね。
でも、実際問題として
毎回常に斬新なノウハウを出し続けてる
メルマガ執筆者っていると思います?

短期間で終わるとか
滅多に配信されないメルマガなら
ともかく。

長期で続くメルマガで
そんなことが出来る人なんて皆無。

私のメルマガなんて
完全に独り言が基本ですしね(笑)
じゃあ、メルマガ読者は何を基準に
読み続けてるのか?

もちろん、ノウハウとして
参考になる内容がときどきは欲しい。

けど、それだけじゃなくて
・メルマガ執筆者の考え方や人間性
に興味をもち、共感した人の
メルマガを読み続けてる。

そんな感じじゃないですか?
で、こんな事を書くと

「いや~~・・・

人に誇れるような考え方や人間性は

持ちあわせてないです(汗)」
って言われること確実なんですが、

考え方も人間性も不完全で
いいんですよ。

いい部分もダメな部分も
書ける範囲で書いていく。

そんな深い話じゃなくても、
自分が実践してる体験談をリアルタイムで
配信していく。

そこに感心を持ち共感する人は
一定数います。

で、その人達に向けて
メッセージを書いていけば
メルマガって書き続けられるんですよね。

メルマガで稼ぐとかの話は
その先に考えればOK。

というか、メルマガに共感し、
好きになってくれてたら必要な教材を
買うときに

「あ、この人が紹介するなら」

って手にしてくれる人は一定数
必ず出てきますよ。
「メルマガをやってみたいけど
最初の一歩が踏み出せない」
ってあなた。

まずは、メルマガに書くような
内容をブログからスタートしてみてください。

私もこうやってメルマガ書いてますが、
お金儲け以外にもたくさんのメリットが
ありまるので。

では!!
藤岡久仁章

PS:飲み会の話の中で

・アプリゲームの廃課金者

をターゲットにしたメルマガを
やったら稼げそうって話になりました。

誰かやってみません?

まあ、まずアナタが廃課金戦士に
なる必要があるので利益が残るかは
微妙ですがw
PS2:今回の4日間の新年会の中でのこと。
ある新年会は私の奥さんも参加してました。

で、私や他の稼いでる人に対しては
丁寧に話してるのに、私の奥さんに対して
ものすごく横柄な態度をとり続けてたらしいです。

私と違って人に対して
滅多に怒らない奥さんがえらく怒って
いたのでよっぽどだったんだな~と。

私が「多分この人でしょ?」
って言ったらドンピシャでした。

おそらくですが、この人。
もし、私の奥さんと知っていたら
あんな横柄な態度は取らなかったと思います。

こういう態度を取る人を
誰が応援するんでしょうね。。。

ビジネスは何人から応援されるか?
これがすべてなのに。

\ SNSでシェアしよう! /

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fujioka

この人が書いた記事  記事一覧

  • 16年ぶりにガッツリ占いを受けたよ

  • メルマガでの仕分けシステムについて

  • 楽天アフィリエイトでPPC?

  • 2ヶ月休みについて

関連記事

  • 信頼の公式って知ってる?

  • 王様は裸だ!

  • ”数字=お金”とにらめっこ

  • なぜ、藤岡は会社を量産していってるのか?

  • 15年の抱負

  • ”藤岡会議(仮)”始めます