1. TOP
  2. トラブルや嫌な事が起きた時は(その2)

トラブルや嫌な事が起きた時は(その2)

 2016/05/10 個人メルマガバックナンバー
この記事は約 4 分で読めます。 157 Views

こんばんは、藤岡です。

今回のGWはいろいろあって
イライラMAX状態が抜けなかったので

●思い切って仕事を完全に休む

という判断で、思いっきり休んでました。

GWも駆け抜ける気満々だったのですが、
やはり、精神状態がよくない時は思い切って
休むのが一番ですね~。

おかげで、大分イライラも収まり、
現状を受け入れる気分に落ち着いてきました。

そんなわけで、
今日は前回の続きから。

◆ トラブルや嫌な事が起きた時は(その2)

今日はトラブルや嫌なことが
起きた時に心構えておくべき

【2】逃げない・避けない

について。

これ、書いてるけど、正直
未だに私の中で

「これだ!」

という明確な答えが出てない
心構えだったりします。

例えば、私のように情報販売を
している人間にとって

・お客さんとのトラブル

を100%さけることは
不可能。

どんな理不尽なクレームを
受けた時もまずは

「自分に原因があったのでは?」

と考えるようには
心がけてます。
(まあ、受け入れがたいことが多いですがw)

ただ、原因を自分に持って
いくのはそれでOK。

ただ、

●どう対応するのが”逃げない・避けない”になるか

という明確な正解が
正直自分の中でも見えてません。

まず、情報起業したての頃の
私が考えてた

”逃げない・避けない”

【とことん、お客さんとやりとりをする】

でした。

これ、理屈の通ったクレームを
言ってくる方には正解だったのですが
そうじゃない

・自分のワガママを通したいだけの
理不尽なクレーマー

には、相手を増長させるだけで
私も相手も譲らない平行線をたどる結果に。

自分の力不足は当然あるの
だけど、結局はお互い消耗するだけで
カケラも分かり合えないで終わる。

そして、また似たようなトラブルが
定期的に発生する。でした。

【避けた問題はまた起きる】

これ、私が大好きな言葉の1つなのですが、
似たようなトラブルが再発するってことは

【とことん、お客さんとやりとりをする】

これは向き合ったことに
ならないんじゃないか?

と考えるように。

で、どういう経緯かは
忘れたけど、向き合う対象を

お客さん ⇒ 自分の価値観

に持っていったとき、ふと
思ったんですね。

「理不尽なクレーマーが寄ってくる
売り方をしている自分に原因があるのでは?」

って。

そう思うようになってからは、
今のスタイル。

要するに

【楽して稼ぎたいとかほざくヤツは
オレの目の前から消えろ】

というスタンスでメルマガはじめ
全ての情報発信でのメッセージを統一
させることに。

ま、ネットビジネスに興味持つ人なんて
過去の自分がそうだったように

・楽して稼げる方法があるんじゃないか?

で寄ってきてる人が多いんで、
このスタンスになってから随分と
儲けにくくはなったんですけどね(苦笑)

頭お花畑の人に甘い言葉を
ささやいて勘違いさせて売ってるほうが
簡単に儲かるので。

(実際、そういう売り方してる人が
圧倒的に多いでしょ?この業界)

このスタンスに変えてから、
理不尽なクレームを言う人に出会う事は
ほぼ無くなりました。
(1~2年に1人くらい?)

が、純粋に利益追求すべき
商売と考えた時に、ここまでスタンスを
振り切るのが

”逃げない・避けない”

に該当するのか?
未だ答えの出ない、迷路から抜け出せない
ですね~。

ま、恐らく答えなんて
人それぞれなんでしょうが。

トラブルや嫌なことが起きた時、
逃げたり避けたりしたところで
同じ問題が再発するだけ。

あなたは、そういった時
どういった選択をチョイスしてますか?

何か考えるキッカケになれば
嬉しいです。

では!!

藤岡 久仁章

\ SNSでシェアしよう! /

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fujioka

この人が書いた記事  記事一覧

  • 16年ぶりにガッツリ占いを受けたよ

  • メルマガでの仕分けシステムについて

  • 楽天アフィリエイトでPPC?

  • 2ヶ月休みについて

関連記事

  • その行動はキャッシュに近い??

  • 最近ドハマリしたマンガ

  • 格が違う人に飛び込めるか?

  • ”覚える”より”刻み込む”

  • 物販をやりだしてレベルアップしたこと

  • 2016年を振り返ってみる