1. TOP
  2. 違う業界に顔出そう

違う業界に顔出そう

 2015/10/19 個人メルマガバックナンバー
この記事は約 3 分で読めます。 129 Views

これはどの業界の人を見てても
そうなんですがインターネットビジネスの
世界だけ見ても

・アフィリエイターはアフィリエイター同士で
つながり

・せどらーは、せどらー同士でつながり

・ネットショップ運営社はショップ運営者同士で
つながり

といった感じの
つながりばかり増やしています。

私は

・アフィリエイター
・せどらー
・ネットショップ運営者

などなど、多ジャンルのつながりを
持ててるからこそ感じるのですが

・自分が取り組んでるジャンルのみで
しかつながりがないのは非常に勿体無い

心からそう思います。

なぜか。

まず同じジャンルの人としか
話さなくなると

●視野が狭くなる

これは本当に仕方ないのですが、
アフィリエイター同士で仕事の話になると

・やれキーワード
・やれSEO
・やれライティング
・やれどの案件が稼げる

といった感じで、
会話が段々テンプレ化してきます。

最初はいいかもしれないけど、
そのテンプレ的な会話が続く限り
劇的な自分の成長を望めません。

そして、似たような会話しか
しないので、

●ライバルを出しぬく発想が出てきにくい

脳に刺激を受けないのだから、
それは当然のこと。

オフ会とかに参加された方が

「やる気と刺激をもらいました」

と言うことがありますが、

「違うジャンルに顔出したほうが
刺激という意味ではもらえるよ~~」

とは思ってます。

そして、最後にこれが違うジャンルに
顔を出す一番のメリット

「そんなに凄くなくても、凄いヤツになれやすい」

アフィリエイターの集まりの中で、
自分の存在。

仮に月50万とかアフィリ報酬を
得ていても、そういう集まりには

・月100万以上稼ぐアフィリエイター

って奴らが出てくるので、
自分が多少稼げるようになっても
すごいやつには見えない。

ですが、違うジャンル。
例えばアフィリエイターがせどらーの
集まりに顔出すと

「よく、アフィリで稼げますね!

すごいです!!」

ってなります。

これ月10~20万くらいの
稼ぎでもかなり尊敬されます。

彼らは自分でアクセスを集める力は
皆無と言ってもいいので。

(その代わりせどらーは別の強さを
持ってますが)

自分でサイトを作って自分で
アクセスを集めるアフィリエイターは
せどらーにとっては驚異的に移ります。

もっと言えば・・・

・ネットビジネスを知らない実業の世界の人たち

の集まりにいけば
サイト作ってそれで稼いでる人たちは

・異次元の人間

くらいに扱われます。

実際私なんて、オカシイ人間として
実業で社長をやってる人たちには思われてるのでw

同じジャンルの人と関わるなって
話じゃありません。

ありませんが、同じジャンルの人とばかり
関わってると

・視野が狭くなる
・発想が貧困になる
・目立てない

といったデメリット盛りだくさん
となるので気をつけていきましょう!

\ SNSでシェアしよう! /

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fujioka

この人が書いた記事  記事一覧

  • キーワードツールどうなった?

  • 「正直キーワードが全然分かりません」

  • 藤岡がやろうとしてるビジネスなど

  • リンゴ教に染まってみたよ

関連記事

  • 冴えまくってる理由

  • 税務調査された事はありますか?

  • それぞれのメリット、デメリット

  • 作業環境の作り方です。

  • 今、走り続ける理由

  • 2ヶ月休みについて