1. TOP
  2. 1記事1万文字に挑戦中

1記事1万文字に挑戦中

以前にこのメルマガで

・自分の趣味全開のブログをコッソリ作る

って事を書きましたが、裏でコッソリと
立ち上げてみました。

で、ただの趣味ブログでは面白くないので、
新たな挑戦として

・狙ったキーワードをしっかりと盛り込んだ上で
1記事1万文字

の記事を書くようにしています。

いつも書いてるこのメルマガがあまり
細かいことを考えずに本文で1通1000文字前後。

分量だけでも10倍でなおかつ

・キーワードの散りばめ方
・ちゃんと読ませるような文章構成

を意識して書いているので、まあ時間と手間が
かかるかかる・・・。

ただ、こういった事にチャレンジをしているのも、
私なりに

・ビジネス的な新たな勝機

を感じてるからなんですね。

まだ仮説の段階なので、正解と捉えてほしくないけど
考え方の参考にしてもらえたらと。

まず、私が1記事1万文字を
狙うキッカケになったのが何かと話題になった

・ウェルク事件

ですね。まあ、ニュースにもなってるから
知ってると思うけど、DeNaが運営してるキュレーションサイトが
パクリ記事で且つ裏付けのない情報が満載。

そのことが明るみに出て実質的なサイト閉鎖に
追い込まれた事件ですね。

この件では、いろんなアフィリエイターが
いろんな見解を述べてたけど個人的には倫理的な話を
抜きにしたら

「圧倒的なアクセス数をSEO対策だけで成し遂げた」

という事実。
この件については、以下の記事が詳しいので
時間のある時に見てみることをオススメします。

DeNaのウェルク(welq)のSEO対策を調べ。どうしてグーグル先生は騙されたか?

で、この記事で私が注目したのが

・1記事8000文字の質の低い記事を量産して投下していた

ことで検索順位をあげていた。
という事実。
(もちろん、要因はそれだけじゃないですが)

これを見て私は考えたわけです。

「1記事8000文字の質の低い記事量産は
普通のアフィリエイターでも出来るけど、質の高い
渾身の記事を同じだけの文字数で書いたら量産しなくても
案外アクセスを集められるのでは??」

と。実際にやってみると分かるけど、
1つの記事テーマで8000文字の文章量を書くのは
書くだけでもメッチャ大変。

その上

・メインテーマに合わせたキーワードを
自然にかつたくさん盛り込む

・訪問した人がしっかりと読んでくれるような、
魅力的な文章を作り上げる

となると、このレベルで出来る人は
アフィリエイターではほぼ皆無。

外注に頼むにしても、よほど専門家に高単価で
支払わない限り不可能。

「あ、これは同じことを真似しようとする
アフィリエイターはほぼ出ないな」

と思ったので、やってみることにしたわけ。

ただ、実際にはマジで記事を書くのが
大変なので文章を書き慣れてる私でも一苦労。

ただ、私がこの趣味ブログで目指す

・20~30記事で月間10万PV

が達成できたら、そこからは

・広告を取って稼ぐ
・リスト化して稼ぐ

など、どう低めに計算しても
1000万以上のお金は生むだろう
サイトにはなるはずなので

「趣味ブログだけで年収1000万稼げるか?」

という新たな検証テーマを年末。
そして来年の実験ネタに取り入れます。

予定では半年後。来年の5月あたりを
めどに実験結果が報告できるといいですね。

どうなるかは未知数ですが、
無駄にはならないと信じてちょっとやってみます。

メルマガ読者であるあなたには、
私が勝手に壁にぶつかって検証して上手く行った
ことをいいとこ取りしてほしいですね♪

では!!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fujioka

この人が書いた記事  記事一覧

  • 16年ぶりにガッツリ占いを受けたよ

  • メルマガでの仕分けシステムについて

  • 楽天アフィリエイトでPPC?

  • 2ヶ月休みについて

関連記事

  • それぞれのメリット、デメリット

  • ここ数年で最も後悔してること

  • ”保存版”オススメ音声&動画コンテンツまとめてみた

  • 3手詰から始めよう

  • 話題のエアビーアンドビーやってみます

  • 万能の稼ぎ方とは・・・