1. TOP
  2. 個人メルマガバックナンバー
  3. 15年のまとめ(その1)

15年のまとめ(その1)

 2015/12/27 個人メルマガバックナンバー
この記事は約 9 分で読めます。 216 Views

今日を入れても残り5日間。

振り返りをしつつ、来年に向けた事を
考えてみようと思います。

第一回目の今回は

●1月~4月まで

を振り返ってみようかと。

この4ヶ月間はとにかく私はひたすら

●サハラマラソンの完走

にほぼすべてのエネルギーを注いでました。
古くから私のメルマガをお読みの方は
ご存知と思いますが去年の4月。

人生初のマラソン大会としてサハラマラソンに挑戦。

※サハラ砂漠のど真ん中を6日間で250キロ。
1週間分の食糧と衣服、生活に必要な道具を担いで走るド変態レース
これまでの人生でフルマラソンどころか
ジョギングすらまともにしてなかったクセに

「まあ、俺ならなんとかなるやろ~~」

と12年5月から1年間自己流でトレーニングを
したのですが、108キロ地点で
タイムオーバーでの強制リタイア。

もの凄い挫折感に打ちひしがれた悔しさから、
翌年のサハラマラソンにも即座にエントリー。

その最後のトレーニング期間だったので、
頭の中はサハラマラソン一色。

仕事そっちのけで走ってばかり
いましたね。

正直、走ってた記憶以外ほぼないってのが
私の今年最初の4ヶ月間。
結果、今年のサハラマラソンは
完走することが出来ました。

その時の事を書こうと思ったのですが、
自分の中でははるか昔すぎてテンションが
あがらないのでAFブートキャンプ生向けに書いた
SNSの日記をここに紹介しておきます。

================

件名:本気を出すとはこういうことさ

今日、日記を書いたのは
先日清水さんがウチに泊まりに来た際に

「藤岡さんのサハラネタ、面白いから
書いてくださいよ~~」

って言われてたので、
ちょっと書いてみます。
テーマは

「本気を出すとはこういうことさ」

ってことでよろしくw
私の個人的なメルマガを読んでる方は
ご存知と思いますが、先月サハラマラソンに
参加してきました。

・6日間で250キロ走破
・最高気温50度、日々の気温差30度以上
・レース中の衣食住は全て荷物として背負って進まないといけない

まあ、”世界一過酷なマラソン”って
呼び名があるくらいなので、なかなかに強烈なんですよ。

で、このレースで文字通り”全力”を尽くしたわけですが、
言葉よりもちょくちょく撮影した動画を見てもらったほうが
伝わると思ったのでここからはサハラで撮影した動画のいくつかを
ご紹介。

サハラマラソンスタート前日のLIVEイベント
https://www.youtube.com/watch?v=BGps329aFw4

明日からスタートする地獄なんて
忘れて世界中の人たちと踊り歌ってます。

1日目のスタート直前直後
https://www.youtube.com/watch?v=F1q0adn-Dsw
※3分ちょっとくらいしたらスタートします

主催者のスピーチが死ぬほど長い。
この動画のスタート前にすでに20分以上は
しゃべってますw

で、スタート前に流れるBGMのタイトルが

Highway to Hell
https://www.youtube.com/watch?v=qKggnBh2Mdw

地獄へのハイウエイって、なんてピッタリな
テーマソングなんでしょう(笑)

ここまでは、元気もMAX。テンションも高い。

で、初日は36.2キロのコースだったんですが
そのゴール直前に撮影した動画

疲れてますが、まだまだ余力が
残ってる感じ。

少し時間は進んで3日目途中に撮った動画
https://www.youtube.com/watch?v=O4E8wWqbnTU

疲労が顔に出てきてますねw
そして、最大の山場である

4日~5日目の92キロ(オーバーナイト)ステージ

スタート前
https://www.youtube.com/watch?v=gFpZbur8bDQ

この状態が31時間後には・・・

完全に限界ギリギリです(苦笑)

さらに、その24時間後のレース最終日ゴール直前の動画

最初の動画と見比べると顔が完全に別人に
なってます。。。

これが限界まで頑張るってことっすよw

今、最後の動画を見なおしてるけど
自分で呟いてる

「長かった・・・」

というセリフに全ての気持ちが
込められてますね。。。

【おまけ】

ほとんど撮ってないですが、レース中に
撮影したサハラの不思議な、そして雄大な景色など・・

そして、世界一美味いコーラを飲んで
https://www.youtube.com/watch?v=avTlOwgRm0g
==================

この動画を見ると、グッとくるものがありますね。

で、これを書いてて、

「そういえば、リタイアした直後はどんなことを
考えてたんだろう」

って思ったので、過去に書いた
日記を見つけたのでこちらも紹介。

===================

辛くて辛くて、最高に楽しく、
そして最高に悔しかった
サハラマラソンから帰国して数日。

1人でお酒を飲みながら、酔った勢いで
思いのままに書いておきます。

サハラマラソン3日目、108キロ地点の
チェックポイントで時間制限オーバーによる
強制リタイアを宣告された日。

前に書いたコメントでは

===========
スタッフによる強制リタイアはさせられましたが、自分の意思でリタイア宣告はしてないので再来年に照準を合わせて続きの250キロ走りまっせ!
===========

な〜〜んてカッコつけて書いてましたが、
ホントのところは、続々と打ち上げられるリタイア宣告の
照明弾をみながら

「あ〜、俺も照明弾を打ち上げようかな〜」

とか、定期的にスタッフによるジープでの
巡回があるのですが、ジープが近づく度に

「もう、制限時間オーバーだから」

って言ってくれないかな〜って
思ってました。

要するに、最後のチェックポイントにたどり
たどり着く前に実際は心が折れてたんですね。

だけど、心も折れてゾンビみたいに
フラフラ歩くだけになり

「もう、リタイア宣告しようかな・・・」

と思った時に思い浮かんだのが、
ドラマのような話だけど妻と息子の顔。

人間って不思議なもので、
どんなに心が折れきった状態でも
家族の顔が浮かんだ瞬間に復活するんですね。

「奥さんに尊敬される夫でありたい」
「息子に尊敬される父親でありたい」

それが新たなモチベーションになった瞬間に
ボロボロだったはずなのに気力がよみがえり
スピードアップが出来ました。

ただ、それでも時既に遅く
強制リタイアという結果に終わりましたが。。。

マラソンが終わった今だから書けますが
この不甲斐ない結果が本当に悔しくて悔しくて、
しばらく自分のテントに戻る事が出来ませんでした。
(同じテントに明日も走る仲間が何人もいたので)

戻るときは笑ってリタイア報告が
出来るように気持ちを切り替える。

そうやって心を切り替えるまであたりを
ウロウロした後でテントに戻り、爆笑しながら
テントでリタイア報告。

同じテントメイトに対して最小限の
悪影響に留められてよかったと心から
思います。

それでも、深夜2時半に悔しさで
目が覚めてしまい、テントから離れて
1人人生で最高に美しく、最高に悔しい夜空を
見上げながら過ごした時間は一生忘れないでしょうね。

そのくらい悔しい結果だったけど、
今になって思えば、本当に良い結果だったと
言えます。

何故なら、今の会社を設立してからの
8年間。

ここまでの挫折感を味わった事は
一度もなかったから。

リタイアして初めて気づいたのですが、
サハラマラソンが過酷だったにも関わらず

「まあ、俺ならなんとか完走できるやろ」

って心のどこかでずっと思ってたんですね。

この考え方はビジネスでも一緒で、
いろんな事業に挑戦するときもいろんな
トラブルはあっても

「まあ、なんとか上手く行くやろ」

という意識が常にあって、誤差はあっても
ほぼ全ての企画がこの8年間ほぼ想定内どおりに
進んでました。

だから、サハラマラソンに挑戦する際も
心のどこかで、その感覚で望んでたんですね。
だけど、実際は想定外の惨敗。

知らず知らずのうちに天狗になってる
自分に気づく事が出来ました。

もし、サハラマラソンに挑戦してなかったら
天狗になってるのに気づくのがもっと先だったはず。

自然の脅威に心から感謝です。

感謝つながりで書いておくと、

リタイア時のコメントでは「再来年のサハラマラソンに
出場します!」なんて温い事書いてたけど

・完走した人たちの晴れやかな表情

を見る度に悔しさが募って

「再来年ではなく、来年出たい」

と思うようになってました。
ただ、今回出場する際に、家族や仲間に
心配と仕事面での迷惑をかけまくったので
基本事後報告の私も

「どうやって来年出場のお許しをもらおう」

と悩んでたんですね。

だけど、帰国してどうやって話そうか
とウジウジ悩んでる私に対して奥さんから

「再来年まで引き延ばすなんて、らしくないから来年出ればいいじゃない!」

と相談する前に叱られましてw
(いい奥さんに出会えて心からの感謝です)

他の仲間やパートナーに
相談してないのですが、奥さんの
この一言で決断できました。

「サハラマラソン2015(30回大会)に出て完走します!」

今年のサハラマラソンは自分の為に出場しましたが
来年のサハラマラソンは

「嫁さんにとって尊敬出来る夫である為に」
「息子にとって自慢出来る父親である為に」
「ビジネスパートナー達にとって、誇れるパートナーである為に」

走りきります!!

というわけで、来年出場するサハラメンバーの皆様。
改めて来年もよろしくです。

===================
・・・いや~~、13年の私、良いこと
書いてますね(笑)

こうやって読み返すと、
14年の4月に再挑戦をコミットし、
真剣に向き合った結果が先ほど紹介したサハラの動画日記に
つながっていくんだな~~と再確認。

ビジネスもいきなりすごい結果が
出るわけがない。

たくさんの失敗と挫折が連なった先に
ご褒美がまってる。

そう考えると踏ん張れますね。
完全に自己満足記事になりましたが、
ビジネスとは違うフィールドでも

・挫折から立ち直る事の大切さ
・本気を出すってこと

が雰囲気でも伝わればな~~と思います。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fujioka

この人が書いた記事  記事一覧

  • ある程度で収入が止まる人の特徴

  • 今日は合宿セミナー中なので

  • 気が乗らないときの工夫

  • 藤岡 久仁章の頭の中

関連記事

  • ”保存版”オススメ音声&動画コンテンツまとめてみた

  • ”背伸び”してますか?

  • ドバイ滞在記

  • 意地でも毎日書き続けてる理由

  • 自分を救えるのは自分だけ

  • 縦展開と横展開のタイミングについて(具体例あり)