1. TOP
  2. 個人メルマガバックナンバー
  3. これからのアフィリ(その3)

これからのアフィリ(その3)

個人メルマガバックナンバー
この記事は約 5 分で読めます。 91 Views

こんばんは、藤岡です。

長らく苦しんでた
体調不良ですがようやく復調
してきました。

さて・・・

体調崩して長らく止まってましたが、
私が今後の長期的視野に立った時に
まだ通用するだろう

・これからのアフィリ

この5つである

===================

【1】:公式サイトの情報を補助してくれる形の
商標ワード攻略

【2】:グーグルが力を入れて来そうにない
ジャンルでのアフィリサイト作成

【3】:企業に購入してもらうことを前提とした
バイアウト用のアフィリサイト作成

【4】:ソーシャルアカウントを絡めた
権威性を活用したブランディング系アフィリ

【5】:ライバルアフィリエイターが見つけられない
キャッシュポイントを作り出す、オリジナル系アフィリ

===================

上記の3つ目である

【3】:企業に購入してもらうことを前提とした
バイアウト用のアフィリサイト作成

について語ってみようと
思います。

では、今日の本題。

◆ これからのアフィリ(その3)

これ、私の周りのアフィリエイターでは
かなり主流になりつつある流れ。

一定期間。

具体的には最低半年、
できれば1年以上。

報酬が上がり続けてるサイトであれば
大抵のジャンルでサイト売却は可能。

ただ、

・売れやすさ
・売却相場の高さ

というのを意識しないと、
思ったよりも大幅に安い金額でしか
売れない。

似たジャンルでダブついてて
買い叩かれる。

みたいなことも起きてます。

なので、最初から売却前提で
アフィリサイトを作っていくなら
原則的には

・関連ワードでサイトを作る
(商標ワードは基本的には買い手が絞られる)

・買い手が多いニーズのあるジャンルに
的を絞ってサイトを作る

この2点を意識したほうが
いいですね。

ただ、商標ワードメインで
作ったサイトが一切売れないかというと
そんなこともありません。

通常の販売相場
(平均アフィリ報酬の20ヶ月前後)

ではなくその半分くらいには
なりますが、売ることは可能って感じかな。

このサイト売却の買い手ですが

・企業

だけでなく

・アフィリエイター

が買うことも結構
あります。

自分でテコ入れしたら
もっと稼げる。

自分のメインサイトの
強いバックリンクとして使う。

(高額な中古ドメインを
買う感覚ですね)

そんな買い手もいます。

企業も自社とは
関係ないジャンルを買う企業も
多かったりします。

関連のない企業が購入する
理由は単純で

・決算前に黒字分を消化する
・ネットビジネスに手っ取り早く参入する

大体がこの2つの理由で
買っていきます。

特に1つ目の理由のほうは
利益を消化したいがメインなので

・割と言い値で買ってもらいやすい

ってメリットがあるんですね。

だからこそ、サイト売却を成功させる
コツの一つは

【会社の決算時期に焦点をあわせて
サイト構築をする】

ってのが見落とされがちだけど
意外に大事。

で、高く売るコツだけど
一番単純だけど効果的なのは

「素人目に見ても
儲かりそうなジャンルで
サイト構築をする」

ってのかな。

例えば金融系のアフィリサイト。

これって、アフィリエイトを
知らない素人が見ても

「金融なら儲かるよね」

って思うでしょ?

だから、買い手が付きやすく
高値に釣り上げやすい。

一時期バブルだった
仮想通貨系のアフィリサイトは
バカ高い金額で売れてましたしね。

(買った企業は大損こいてると
思いますが(苦笑))

逆に、アフィリエイターにしか
分からないいぶし銀なジャンルだと
希望者がつきにくい。

そのため高値がつきにくい。

ただし、サイト売却狙いに
なれた猛者はこういったジャンルで
サイトを作ろうとしないので

「最初にチャレンジするなら、
人気が高そうにないジャンルを
選べばいいのでは?」

という考えも成立する。

・・・と、ここまで書いて

「じゃあ、具体的にどんな
ジャンルでサイトを作っていけば?」

って考えますよね。

で、高値売を最初から
狙って勝負をしたい人であれば
実際にサイト売買のサイトを見ていただく。

例えば以下のサイト

サイト売買Z
https://www.site-z.com/

こちらの案件一覧を見ていただき

・交渉が入ってるジャンル

をリサーチ。

1年以上先でも
ニーズがあると思うものを
自分なりに検討してサイトを作っていく。

そういった試みが
一つの正解パターンでしょうね。

逆に、無理に高額売却を
狙わないスタンスなら、

・自分が稼ぎやすいアフィリサイト

を作っていき、サイト売却は
あくまでもおまけスタンスでやっていく。

それもアリとは思います。

ただ、サイト売却を中心として
サイト構築するなら高値で売れやすい
ジャンルで戦うのは必須なのでぜひ覚えて
置いてくださいね。

今日書いた内容はあくまでも
ちょっとしたノウハウ。

掘り下げたい人はご自身で
研究してみてください。

また、残り2つもできるだけ
早くお伝えしていきます。

では!!

\ SNSでシェアしよう! /

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fujioka

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【名ゼリフ】信じれば夢は叶う。ただし一文が抜けている

  • オリラジあっちゃんの”労働2.0”を読んでの学びを語ってみた

  • より深く学びを得るための謙虚さを手にする3つの方法

  • You Tubeアドセンスの未来予測をしてみます

関連記事

  • まとめてみた

  • 好きな言葉の解説音声とってみました

  • ビジネスの優先順位の勘違い?

  • ある程度で収入が止まる人の特徴

  • やはり向き不向きはある

  • ネットビジネスのどーでもいい仮説