1. TOP
  2. 個人メルマガバックナンバー
  3. ツイッター再開

ツイッター再開

個人メルマガバックナンバー
この記事は約 6 分で読めます。 207 Views

こんばんは、藤岡です。

「イタリアの土産話が聞きたい」

ってメールを貰ったんで
追伸で気が向いた時に書いていくね。

さて。

いきなりですが、
メール件名に書いたように
ツイッター再開しました。

https://twitter.com/k_fujioka

先月から少しずつ慣らし運転
でやってたのですが

・藤岡がこんな情報を気にしてんだな

ってのが分かるような
つぶやきを今のところやってます。

ときどき

「藤岡さんはどうやって情報収集してるの?」

みたいな質問を受けるけど
基本的には

・SNS(Facebookやツイッター)
・ニュースピック(ビジネスマン向けのニュースアプリ)

で、全体のトレンドを
把握しながら気になるジャンルを
書籍を買って深掘りする。

そんな感じでやってます。

その一部をツイッターで
つぶやきながら公開してくので
良かったらフォローよろしく。

私の性格上、言わないと
やる前に諦めるので独り言的に

「こういうことをやろうとしてる」

ってのを徒然なるままに
書いていきます。

冒頭に書いたツイッターの再開。
そして、先月スタートさせたFacebook
ページへの動画投稿。

これらを通じて今やろうと
してるのが

【お金を極力使わずに個人ブランディングからの
収益アップをするには】

というテーマへの再挑戦。

ぶっちゃけ、今の自分の立ち位置なら
広告費を使いまくって組織力で収益アップが
手っ取り早い。

ってか、清水さんや他のパートナーと
やるプロジェクトはその方向で突き進む。

だけど、先月メルマガで
案内したミクショプロジェクトが
一段落した後は改めて

・一個人が今から個人ブランディングを
して収益の柱を作っていくか

というテーマに挑戦したいんですね。

ゼロイチの人はアフィリなどで
実績を作ればいいけど、アフィリで収益を
得るようになった先の選択肢の1つとして

・情報発信での個人ブランディングから
収益を得る

ということを2つ目の収益の
柱に持ってほしいから。

ただ、個人ブランディングを
していく上でいきなり広告費をガンガン使える人は
なかなかいない。

だからこそ、

「まずは小予算で手堅く個人ブランディングから
収益を上げる流れをどう作るか?」

を再検証するためにも

・ツイッター
・フェイスブックページ

そして

・個人ブログ

の3つをできるだけ手間なく
運営するのはどうすればいいか?

を自分自身でまずは
実験してみたい。

そう思って、ツイッターや
フェイスブックページの運用をはじめてます。

今のところ試行錯誤中だけど、
何となく

「この流れが一粒で二度三度美味しく
なるかな?」

というイメージは出来つつ
あるので、あとはそれを実際に作業
しながら構築していく。

それを、クライアント達にも
試してもらいながら再現性を確認出来たら・・・

【アフィリで稼いだ人が次のステップとして
取り組む第2の収益源の1つ】

として提供できるのでは?

と考えてます。

今年はかなり仕事量が
多い上に元々が働き者では
ないもので(苦笑)

途中で投げ出す可能性は高いけど
何年も前から

「いずれ、このサービスは提供したい!」

って思ってた事の一つなので、
なんとか投げ出さないようここで
書いておきました。

今すぐに興味を持って欲しい
ことじゃないけど

「アフィリで稼いだ先の世界は
もっと面白い稼ぎ方がいっぱいあるから」

ってことは想像してもらえたら
いいなーと思ってます。

では!!

藤岡 久仁章

PS:昨日の英語勉強報告

・英文ヒアリング20分
・NHKの英語ニュース視聴30分

相変わらずのゆるい勉強だけど、
このゆるいやり方でも半年続けることで
明らかに英語ニュースの聞き取れる量が増大中。

TOEIC600点を目指すってのも、
ぶっちゃけ英語を続ける為の便宜上目標なんで
嫌にならない勉強法をコツコツ継続しまっせ。

PS2:イタリア旅行記

今回はローマ〜フィレンツェ〜ベネチア
の3都市に家族で行ってきました。

とりあえず、ローマに
行って感じたこと。

まずイタリア旅行前に
調べてるとやたらと

・スリに気をつけろ
・ボッタクリに気をつけろ

って情報が出てたので
だいぶ警戒してました。

が、行ってみればそうでもない。

一緒に行ってた奥さん曰く

「フランスのジブシーのタカリ
のほうが怖かった」

と言ってたし、私も前に行ったフランスの
地下鉄に乗ってるときの雰囲気のほうが
怖かったんで今の時点の印象だけど

フランス(パリ) > イタリア(ローマ)

がスリやボッタクリの
怖いレベルかな〜という印象。

もちろん、イタリアも南部に
行くと治安悪いそうなんで場所によって
違うだろうけど。

ついでに想像してなかった
悪い点を書いておくと

「石畳の凸凹が想像以上にひどい」

ってこと。

私はサハラ他いくつかのステージマラソン。
または登山経験があったので

・足場の悪い凸凹道

なんて、何とも思わないけど、
一緒に行ってた家族。特に奥さんは
やられてましたね。

もし、イタリアに行く機会が
あるなら

「歩きやすい靴。それも靴底厚めの
靴で行きましょう」

ってオススメします。

先に悪い点を書いちゃったけど、
それ以外はいい感じ♪

・ローマの物価は日本より気持ち高い程度
(アメリカの観光地はチップも入れると倍近く
かかる感じなので)

・地下鉄も2路線しか無く分かりやすい
・飯上手い
・基本イタリア語だけど、観光地は片言英語で
大丈夫
・街全体の雰囲気が独特で別世界を楽しめる
・裏道さえ入らなければ治安も特に問題無さそう

とかね。

まあ、観光については
もう少し書きたい話もあるので
また気が向いた時に。

 

\ SNSでシェアしよう! /

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ロンバケ社長 藤岡久仁章のブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

fujioka

この人が書いた記事  記事一覧

  • わかっちゃいるけど・・・

  • ●●が足りない

  • 9割以上が消えてる!?

  • 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負け無し

関連記事

  • 今日は合宿セミナー中なので

  • 最近ドハマリしたマンガ

  • 藤岡が考えるおすすめの海外の場所

  • 早く記事を書く方法

  • 「正直キーワードが全然分かりません」

  • 10年ぶりに心がけたこと